2014年07月07日

冬季のプール施設の監視役、コガタノゲンゴロウ

コガタノゲンゴロウ展示.jpg
 冬季にためていたプールの水やどろをはかせて, ごしごしときれいなプールにしたとき, その水の中にすんでいた黒い昆虫がいました。
 それが写真の生き物、「コガタノゲンゴロウ」です。県内のプールで少しずつ数を増やしているとされます。大好物はなんと「イカソーメン」。なんとも贅沢ですが, 飼育するにはこのえさがもっとも適しているようです。
 おしりから空気を吸ってずいぶん長い時間水の中に居ることができるようです。水底に滞在するために何かにつかまっていないと、浮力でプカーッと体が浮いてくるので、イカソーメンを前足でぐっとつかまえて、その重みを利用して何とか底に滞在!でも、たくさん空気を吸った後は浮力でイカソーメンごとスーッと浮いて来て、なかなかの見せ場を作っています。
 コミカルなコガタノゲンゴロウは、プールから水槽に生息場所を代えてしたたかに生きています。


posted by 学校長 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

田んぼの向こうにゴイサギ

ゴイサギ.jpg
 梅雨らしいしとしと雨のふる朝です。登校する子どもたちを迎えながら、田んぼの向こうに中型の鳥がどこからともなく飛んできて着地したのが見えました。
 かなりの距離があるので何の鳥かはすぐにはわかりません。でもアオサギやコサギのような大型ではないし、スズメのような小型でもありません。中型の鳥は最近この付近では見ていません。
 すぐさま望遠で撮影してみると・・・、写真のような鳥・・・、「ゴイサギ」でした。川上では久しぶりに見たような気がします。秋か冬のころ、ゴイサギの幼鳥、通称「ホシゴイ」を見かけたことがあったので、もしかするとその幼鳥が立派な成鳥になったのか?などと、いろいろ思いは巡りました。
 ゴイサギは背中の、青ともグレイともいえない独特な色がとても美しい鳥です。近づけば結構大型なのですが、きょうははるか彼方からの鑑賞となりました。
 降りしきる雨の中、えさを求めてゆっくり歩いたり、たたずんだりしていましたよ。 
posted by 学校長 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

淡いブルーのカミキリムシは・・・

ラミーカミキリ.jpg
 むかし, ウサギを家で飼っていたころ, 毎日夕方はウサギのえさになる野草取りに出かけました。そのころよく取っていた野草に, 図鑑名「カラムシ」という, 葉っぱの丸い野草があり, 群落を形成して生えるので短時間に大量にとれて助かっていました。
 この「カラムシ」という野草を, 似ているからか, 近い種類かで「ラミー」と呼ぶ人もいました。
 このごろ, 「カラムシ」の葉っぱに淡いブルーの色をした「カミキリムシ」がとまっているのを頻繁に見ます。なかなか美しい色彩をしていますよ。このカミキリムシを図鑑で調べたら, なんと「ラミーカミキリ」というのだそうです。「カラムシ」の葉っぱにとまっているのは単なる偶然ではなさそうですね。「カラムシ」という野草は「ラミー」という植物の一種なのかもしれません。
 アジサイが全盛の今, アジサイと同じように青い色をしたこのラミーカミキリは, 「カラムシ」という野草の群落を少しさがせば, わりと高い確率で見つかるようです。
posted by 学校長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

たわわに 実った? 水滴たち

野草の水滴2.jpg
 昨夜はかなり遅くまで小雨が降り続き、今朝もまだどんよりと厚い雲が空をおおっていました。
 校庭の芝生のところで部分的に表面が白っぽく見える一帯があるので近寄ってみると、気づかないうちに、とても細い野草がびっしりと生えていて、そこをくわしく見てみると、細い野草の枝や穂に細かい水滴が無数についているのが見えました。そのおびただしい水滴のため、遠くから見るとその辺一帯白く見えているらしいのです。
 拡大撮影してまた驚き!まるでくだものがたわわに実るように、丸い水滴が野草のいたるところにくっついているのでした。
 昨夜の小雨、そして高めの湿度で、とても小さな水滴状になって野草に静かにくっついたのかなと想像しています。華やかで、にぎやかな、写真となりました。
posted by 学校長 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

アオモンイトトンボでしょうか?

アオモンイトトンボ.jpg
 13日(火)の朝、校庭の周辺部の草の間をゆっくり飛びながら移動する小さなトンボを発見。あまりにも小さくて、目をそらすともう見失うのでは・・・と思うほどです。
 久しぶりに図鑑をひもとくと、どうやら「アオモンイトトンボ」という小さなトンボではないかと推定。
気温が上がって、今年も様々な昆虫に出会えそうな予感がしました。
 子どもたちは気づいたかな?
posted by 学校長 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

メリケントキンソウのとげにご注意を!

メリケントキンソウトゲリサイズ.jpg
 昨年の今頃からですが、メリケントキンソウという植物がご家庭の敷地にも入ってきているのではないでしょうか。
 3月から4月中旬頃までは通常の雑草として草取りができるのですが、4月下旬ぐらいからこの植物にできる実?の外側に、鋭いとげが生えてくるのです。
 草取りで、この植物を引き抜こうとしたときに、そのとげが指に深くささり、激痛を感じます。
 そのとげを見てみようと拡大写真を撮りました。実?のまわりに数本の針のようなとげが立っています。学校でも子どもたちにこの植物にはふれないよう話をしていきます。
 メリケントキンソウはいちき串木野市内はおろか、鹿児島県中に広がっていると思われます。もしかするともっと広範囲かもしれません。これからとげが立ってくるこの植物に、皆様お気をつけください。
posted by 学校長 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

サクラ満開!

サクラ満開リサイズ.jpg
 全国各地でサクラ満開の話題が広がっています。ここ川上小学校の校庭のサクラ(ソメイヨシノ)も満開を迎え、一年で一番心躍る光景となっています。
 前を走る道路で一時停止して眺める人や、少し脇道に入りドアを全開にして花を見ながらお弁当を食べる方もありました。
 背景が青空のうちに写真をと思いサクラに近づくと、「ブーン」などとハチの飛び回る音がたくさん聞こえていて、改めて春の訪れを実感したところです。
 学校の近くにある、県内でも有数の桜の名所「市来観音ヶ池」は昨日桜祭りが行われ、大勢の花見客が訪れたようです。
 4月7日は入学式。サクラはその頃までは保たないかもしれませんが、校庭には花壇からはみ出るほどのリビングストンデージーが今を盛りと咲き乱れています。うきうきする心で、新学期のスタート間近です。
posted by 学校長 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。