2014年10月24日

北からの旅人「アサギマダラ」川上小へ

アサギマダラ2014-10-23.jpg
 珍しいチョウの出現が続きます。昨日校舎うらの山沿いをひらひらと飛んでいたのが写真のチョウ, 「アサギマダラ」です。
 秋のこの時期は東北から南下して, 日本のいたるところに姿を現します。春は逆に南から北上し, 東北まで飛行するということです。
 このチョウの飛行ルートを解明すべく, 捕獲して白い部分に場所等の記号を表記して放す活動が行われていることで有名で, ひょっとすると羽根に記号などがマーキングされていないかとじっくり見ましたが, この個体には見当たりませんでした。
 南方から台風の風に乗ってやって来た「リュウキュウムラサキ」の力強い羽ばたきに比べ, このチョウはじつに優雅にひらひらと舞い, 風にただよう感じ。同じ長距離を移動するチョウにも様々なタイプがあるのが面白いと感じます。


posted by 学校長 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック