2014年07月07日

冬季のプール施設の監視役、コガタノゲンゴロウ

コガタノゲンゴロウ展示.jpg
 冬季にためていたプールの水やどろをはかせて, ごしごしときれいなプールにしたとき, その水の中にすんでいた黒い昆虫がいました。
 それが写真の生き物、「コガタノゲンゴロウ」です。県内のプールで少しずつ数を増やしているとされます。大好物はなんと「イカソーメン」。なんとも贅沢ですが, 飼育するにはこのえさがもっとも適しているようです。
 おしりから空気を吸ってずいぶん長い時間水の中に居ることができるようです。水底に滞在するために何かにつかまっていないと、浮力でプカーッと体が浮いてくるので、イカソーメンを前足でぐっとつかまえて、その重みを利用して何とか底に滞在!でも、たくさん空気を吸った後は浮力でイカソーメンごとスーッと浮いて来て、なかなかの見せ場を作っています。
 コミカルなコガタノゲンゴロウは、プールから水槽に生息場所を代えてしたたかに生きています。


posted by 学校長 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック