2012年12月10日

ツグミも到着

ツグミ(トリミング).jpg
 校庭のイチョウには毎朝いろいろな鳥が羽をやすめにやってきます。
 今頃は, ムクドリが6, 7羽, 秋から継続でモズが1羽, スズメは多数, 今朝はチョウゲンボウもかすめましたが, それを追ってハシブトガラスも通過しました。
 その中で, 「キョキョッ」というような声を発している中型の鳥がありました。ムクドリかと思いましたが声が違います。どうやら正体は「ツグミ」。
 写真は半月ほど前, 近くの田んぼの道でとったものですが, ツグミの姿の特徴は,「いつも胸を張っている」こと。白っぽいおなかの周辺に黒っぽい斑点があって, それを堂々と誇示するような姿勢がかわいらしいものです。
 昨年の冬は, ツグミもあまり姿を見なかったような気がしますが, 今年はたくさん来ています。校庭のイチョウの枝は, 毎朝鳥のラッシュアワーとなっていて, 子どもたちも見上げているところです。
 


posted by 学校長 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック