2014年02月28日

アセビの花、満開

asebi.jpg
 校庭の一角に「アセビ」の木があります。この時期、アセビの木には小さい白い花がびっしりとついて満開となっています。
 花の一つ一つは「つぼ?」のような形で純白。(銀色と言ってもいいかも。)膨大な数の花が木のまわりを飾っています。
 ものの本によると「アセビ」は「馬酔木」と記すそうで、なんでも馬が食べるとまるで酔ったようになってしまうほどの「毒」がある植物なのだそうで・・・。
 しかし、この小粒の花の「すずなり」な様子は、「毒」など感じさせない、なかなか可憐な感じのする樹木の一つといえそうです。


posted by 学校長 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

もう一人の見守り役?

チョウゲンボウ1.jpg
 昨日までの冷たい雨があがり、久しぶりに青空がのぞくさわやかな朝がやってきました。登校してくる子どもたちを毎朝地域の方が見守ってくださいますが、この朝は、もう一人の見守り役が登場しました。
 おもむろに校舎の屋上へやってきたのは小型のタカ「チョウゲンボウ」です。早い時刻にやってきて、まるで子どもたちを見下ろしているよう。
 子どもたちもごく近いところに陣取っている「タカ」に興味津々。
 写真で拡大してみると、右目は閉じて、少し羽毛を膨らませ、どことなくくつろいだような姿。
 この時期、学校付近で生活している個体で、見るものに元気を与えてくれる存在です。子どもたちの新たな見守り役は、この朝、ずいぶん長い時間「お仕事」をした後、いつの間にか姿を消しました。
posted by 学校長 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

オレンジ色と黒の鳥

IMG_2631.jpg
 今年も川上小にやってきました。オレンジ色と黒のコントラストが美しい「ジョウビタキ」の登場です。
 まだ若いオスのようで、羽毛がとてもきれい。
 校舎裏の飼育舎付近にいたり、表の花壇の縁にいたりと、子どもたちの視野にもそれとなく入ってきています。特徴があるため、子どもたちもこの鳥については記憶しやすいらしく、「ジョウビタキがいました。」とよく教えてくれます。
 群れにならないので、突然視野に入ってきて、観察するためにはこちらの動きを止めてしまうという事態もちらほら・・・。
 何度見ても美しい鳥です。
 
posted by 学校長 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする