2013年09月25日

トントントン! コンコンコン!

ヤマガラ実をつつく.jpg
 運動会という一大イベントを終えて、子どもたちの表情にも大仕事を終えた安堵感がただよっています。人数が少ない分、一人一人がたくさんの出番や「走り」をこなし、達成感もすこぶる大きかったようです。
 そんな子どもたちを取り囲む近くの森へ、この時期少し入ってみると枝の向こうから「コンコン!」とか「トントン!」などと結構力強い音が聞こえてくることが・・・。
 木をつつく音なので「キツツキ」かと思いきや、正体は意外な鳥。その名は「ヤマガラ」です。黄色や黒のデザインが美しいスズメ大の鳥なのですが、よく観察するとこちらが想定したこととは違う行動をしています。
 実りの秋、何か木の実をGETした「ヤマガラ」は、安定した枝の上に来ると、なんと両足で木の実をはさんで動かないようにし、クチバシで力強くつついているのでした。
 その音は一帯に響き、キツツキが木の幹をつついているのかと勘違いするほどです。クチバシも丈夫なのでしょうけれど、実を両足で挟み込むという動作には特に驚く次第。ヤマガラはこのような行動がよく見られる鳥で、ほかの鳥ではあまり見かけないように感じます。
 人の姿が見えた瞬間に飛び去ってしまう一般的な鳥と違い、探訪人からでもかなり近いところで実をつついていたりする、おおらかな面も持ち合わせているので、皆さんも森で「コンコン・・・!」などと聞こえたら、黄色と黒の小鳥を探してください。
 写真は昨年のこの時期、近隣で写しましたが、光の加減がよくないので、ヤマガラの姿がわかりづらいことをご了承ください。
 


posted by 学校長 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

十五夜の月

十五夜満月2013-9-19.jpg
 夜は涼しくなりました。昨日は十五夜で、月が昇ってくるのを外でしばらく待つことに・・・。
 川上は自然が深く、満月が姿を見せるのもすぐ近くの山を越して昇ってくるまで時間がかかります。山の端がにわかに明るくなり、「あのあたりから昇ってくるんだな」とわかると、カメラを構えてスタンバイ。
 今ちょうど六年生は理科で「太陽と月」の学習をしているため、家庭でも月を見てほしいとお願いしています。それぞれの家庭で今、この月を観察しているかもしれない・・・と思いつつ、姿を見せた月の写真を撮りました。満月の下部に山の端の植物がシルエットになって写り、何とも風情が。
 十五夜のお月様は本当にきれいでした。
 子どもたちは十五夜のだんごがもらえたかな?
posted by 学校長 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

秋の風情2

higanbana.jpg
 視野をおおう真っ赤な色彩はご存じ「ヒガンバナ」です。暑かった夏が一段落、彼岸の中日が近づいたことを感じさせてくれます。
 今年の夏は猛暑が一段と進んだ日の連続だったような・・・。それでも長かった夏の終わるときがやってくるんだよと知らせてくれているようです。
 今朝の気温は川上の家の中で21度。外はもっと涼しくて、寒いぐらいでした。真夏日の連続からすると考えられないほどの急激な気温低下。
 しかし日中はまだ猛烈に暑くなるようで、この日較差を乗り切っていかなければ・・・。子どもたちが風邪を引かないようにと願っております。
 校庭の一角に群生するヒガンバナは、さりげなくこの変わりゆく時期を知らせてくれますが、鮮烈な紅色と独特な花の形、決まってこの時期だけに茎を伸ばして開花する仕組みには本当に感心します。
 2学期の中心行事、運動会はもうすぐ。運動の躍動感と秋の風情、動と静のバランスは今、毎日校庭で繰り広げられています。
posted by 学校長 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする